英語学習の発想を変えたスピードラーニング

スピードラーニングは従来の英語学習の発想を変えましたが、その学習法の秘密を探ります。

 

免責事項

当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用ください。また、著作権は放棄しておりません。

関連するウェブサイト

英会話をマスターするにはスピードラーニングで!!・・・人気英語教材のスピードラーニングを紹介しているサイトです。

ちょっと一息おすすめサイト

学校の英語学習の問題点

英語の学習方法には色々な方法が考えられます。現在の日本の文部科学省の英語教育は受験を前提にした英語教育です。昔に比べると最近は英会話が重視されてきましたが、それでも英語教育の殆どの時間は英単語と英文法に費やされています。
これは、英語教師の側の都合でもあります。教える側から見れば、英会話を教えるよりも英単語と英文法を教える方が遥かに楽です。しかし、高校卒業まで通算6年〜8年位の英語の授業を経験しても、殆どの生徒は生きた英語が話せません。例えば、英単語を覚える場合でも、日常生活で全く使われない単語を苦労して覚える必要は無くて、日常生活で使われる頻度によって覚える英単語の優先順位を決めれば良い訳です。
また、英文法の学習や教材選びで一番大事なことは、自分のレベルに合った学習法や教材を選ぶということです。英単語の学習に比べると英文法の学習はより体系化されているため、順序よく学んだ方が効率が良いからです。しかし、英単語や英文法をいくら勉強しても、生きた英語を話すことはできません。生きた英語を話すためには、やはり、リスニングとスピーキングの勉強をしなければなりません。そのためには、学校の英語は受験のための英語と割り切って、受験英語と切り離してリスニングとスピーキングの勉強をする必要があります。

Copyright© 2010 英語学習の発想を変えたスピードラーニング All Rights Reserved.